ミライエージェント株式会社 > Blog > 輸入における注意事項

輸入における注意事項
blog

今日は海外から商品を輸入する際の注意事項について少し話そうと思います。

あまり海外から商品を送ってもらう機会は少ないかもしれませんが、もしもの為に覚えておいて下さい。

ご存知のように海外からの発送方法は航空便と船便があります。

航空便で有名なのだとFedexやDHLがありますよね。
玄関まで届けてくれるし、通関も代行してくれるので自宅や会社で待っておくだけなので煩わしい作業が一切ありせん。
なので少量の場合は航空便で良いと思います。

逆に、大量に輸入する場合は船便の方が送料が安いから船便使えばいいんでしょ。というのがイメージとしてあるかもしれませんが、それは大きな間違いです。
船便の送料を相手に確認して、それだけだと思っていたら危険です。

船便には主に使う方法だとFOBやCIFがありますが、見落としがちな経費として、船から降ろす手数料や通関作業、通関を依頼すれば通関手数料、コンテナ保管料や書類の手数料、玄関まで持ってきてもらう配送料等、様々な手数料がかかります。

なので輸入する際はそれらの手数料を全て考えておかないと船便の方が高くつく場合が多々あるので注意して下さい。
少量の場合は航空便をオススメします。

弊社では輸入のサポートはもちろん、お客様の作りたい商品を海外で製造することも可能ですのでお気軽にご相談下さい。

ミライエージェント株式会社